« ん の 威力。 | トップページ | 心の中の鬼退治。 »

2013年3月19日 (火)

卒業するキミたちへ。

今日は非常勤先の卒業式。031913

非常勤で大学・専門学校で授業をするようになって10年になるけれど、今年は「気になる子」が多かったので(笑)、その子たちの晴れ姿を一目みて、直にお祝いしたいと思い、初めて卒業式に出てみることにした。

卒業証書授与の際、一人ひとりの名前が呼ばれ、学生たちはそれぞれに「はい」と応えるが、各々の発する「二文字の『はい』」から滲み出る個性の全てを美しいと感じ、いたく感動した。まさに「みんなちがって みんないい」。
(ちなみに、前日までは、考えるだけで涙が溢れたけれど、本番は「仰げば尊し」を聴くまで泣かなかった!)

****

みんな、ご卒業おめでとう。ホントによかった。うん、よかったね。あー、よかった。

今日、やっと「スタートラインに立つための、準備運動が終わった」みなさん。
保育士や幼稚園教諭として仕事を担ってからやっと、あなたがたが「いみわかんない」と思っていた授業の断片が繋がり始めます。

「わからないこと」の中に、たくさんの重要なことが隠れています。
「わからないこと」を「要らないもの」として切り捨てて、忘れてしまわないで。
「わからないこと」をそのモヤモヤのまま持っていることは辛いことかもしれないけれど、時間と経験を重ねてはじめて「わかった!」と腑に落ちる瞬間がやってきます。
ただ、、、それがいつかは「わかりません」。
でも、その「わからない」を心に留め、折に触れて想い出し、考え続けていればかならずその「わからない」が「わかった!」に変わる「とき」は来ます。そう、必ず。

あなたがたは可能性に溢れています。
私の96歳の祖母の話をしましたね。
私の顔を忘れてしまうほどの祖母にも、予想以上の「学びの瞬間」はやってきたのですから、若いあなたがたにはこれから先、想像を超える大きな「学びのとき」が何度も何度もやってくることでしょう。

おひとりおひとりの創る未来が、希望溢れる平和な世界の礎となりますように。
あなたがたが、子どもたちとともに、より善い人間に育ちますように。

心から期待し、お祈りしています。

追伸 
卒業を先送りにした君たちへ。

学生でいられる期間(=モラトリアム期 ←授業でやったね)が、少し伸びたことを「ありがたいこと」、「よろこばしいこと」と考えて、あと半年か一年か、、、わからないけれど、、、今まで以上に、じっくりと懸命に学んでください。
いつでも質問は受け付けますからね♪ 
必ず卒業して、ケジメをつけること。これは約束してね。

« ん の 威力。 | トップページ | 心の中の鬼退治。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1520016/50940803

この記事へのトラックバック一覧です: 卒業するキミたちへ。:

« ん の 威力。 | トップページ | 心の中の鬼退治。 »