« 歴史に名を残したいハル。 | トップページ | スペシャルな文集。 »

2012年3月25日 (日)

ハル、1年生の修了式。

ハル、修了式。皆勤賞と「えがうまいチャンピオン」の賞状、「おもいでのぶんしゅう」と通知表を持って帰宅。。。(あぁ、どれをみても泣ける)。

昨日のお風呂で、「『クラスのみんなへのメッセージ』を用意してくるっていう宿題がでた!ママ、一緒に考えて!!」というので、「じゃぁ、、ハルがクラスですごした1年間をふりかえって、何が一番、心に残っているの?」と問えば、数秒考えた後、「先生がいない2時間があったんだけど、その2時間を、ぼくたちだけでちゃんと過ごせたこと、かな」と。

・・・いつにも増して予想外の答え。キミの着眼点はそこ、、、、なのか。032312

民主的なリーダーが配置されたグループの場合、リーダー不在時でもグループの成員の振る舞いが変わらない(、、、が、独裁的なリーダーだと、リーダー不在時のパフォーマンスの質が低下し、放任型のリーダーだと、、、云々)って言う集団心理学の古い実験があるのだけれど、それが想起されて、、、ほほぅと思った。ハルの担任は民主的なリーダーで、クラスのひとりひとりが主人公になれた、そんなクラスで、そんな仲間とともにハルは小学校のはじめの1年を過ごせたわけだ。あぁ、なんと嬉しいことだろう。

ハルに「そういうクラスをつくれたのは、キミたちももちろんすごかったんだけど、○先生のおかげが大きいんじゃないかな。先生がいないときにも、先生がいるかのようにきちんとできる、ってのは、みんなの心の中に『先生がいる』ってことでさ、それってさ、○先生が、自分の心に招き入れたいと思えるような先生だったってことでしょ。招き入れた子どもたちもスゴイけど、先生もスゴイ。それは、それは素敵な幸せなことだなぁとママは思うなぁ。先生だってさ『自分がいなくても大丈夫』ってのはちょっと考えると寂しいようだけど、、、本当はとても嬉しいことで、誇らしいことなんだと思うなぁ。それ、伝えたら、先生、喜ぶだろうなぁ」と言うと、「うん、うん。だね、だね!」とニコニコして頷いていた。

そんなこんなで、、、昨日は、ルーズリーフ2枚にわたって何やら一生懸命に色々書いていたので、学童からの帰り道、アレ、どうだった?と聞けば、、、「あ、アレね。今日、皆の前で発表したあとに、先生がその原稿を欲しいといったからあげた」とハル。「ねぇ、修了式を終えてさ、ちょっと寂しいなとか、クラス替えは嫌だなとか、そういう気持ちはある?」と聞くと「え?全然。2年生はどんなクラスになるだろうっていう楽しみのほうがデカい。はやく2年になりたい!」と。まぁ、なんともあっさりしたもので。

「でも、それよりも春休みで朝から学童で遊べるのが嬉しい」んだとか。

・・・そうか。そうだよな。やっぱり「子ども」は逞しいなぁ、「今を生きる」姿は眩しいなぁ、とつくづく思う。

はるくん、1年次の課程修了、おめでとう。今日はひとつの節目にすぎないとはいえ、大事な大事な一区切りだと思う。キミが少しずつ自分の世界を広げ、色んなことを考えながら、つねに一生懸命に生きていること、キミの話やキミの姿からひしひしと感じるよ。毎日、キミの「赤ちゃんのときと同じ寝顔」を見ながら、キミの明るい希望溢れる未来を想像し、時間の幅のなかに身を置こうとしてクラクラしているママだけど、キミはそんなヒマないよっていう勢いで今を楽しんで生きている。ママのそばにいてくれてありがとう。2年生の1年は、どんなことが待っているだろう。ま、何があっても、キミとなら乗り越えていけるから、不安はないよ。あるのはワクワクとドキドキだけだ。あっ、その前に、春休み、久々に2人でどこに行こうか。たまには二人の時間も楽しもうね。 

                

                          ママより 修了式の夜に

« 歴史に名を残したいハル。 | トップページ | スペシャルな文集。 »

コメント

感動しました。(先生の立場だったら感激して泣いちゃっているかも)
ハル君、ほんっとに感性豊かで、のびのびすくすく育っているね。ママの愛情なんだと思いました。
私も見習わねば・・・・・・・全然できてないので、まず子供の話を聞くことからかな~なんて思ってます。

ね、先生だったら泣いちゃうなーと私も思うよ。
ハルは、なんともわからん不思議ちゃんだけれども、みんなの愛情を受けて、健やかに育っているよ。
ありがたいこと。himeは「スーパーマン」なので、実はなんでもできちゃっているのに、
それが「ふつう」だと思ってて、「出来ていること」に気づいてないんじゃないかねー。

3人のチビたちとの毎日+フルタイムの仕事は、想像できない「スゴさ」だよ。
うまく毎日がまわってく、その秘訣を聴きたいな。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1520016/44627672

この記事へのトラックバック一覧です: ハル、1年生の修了式。:

« 歴史に名を残したいハル。 | トップページ | スペシャルな文集。 »